【東京聯合ニュース】韓国の尹喜餐(ユン・ヒチャン)駐横浜総領事は11日、肺炎を引き起こす新型コロナウイルスの集団感染が発生し、横浜港で検疫中のクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」に乗船している韓国人14人について、健康に特別な問題がないことを確認したと明らかにした。

 

 韓国人乗船者の中に発熱などの症状を示している人はいないという。ただ、新型コロナウイルスの検査を受けた人はいないため、感染していないと断定することは難しいとみられる。

 同船には乗客9人、乗員5人、合計14人の韓国人が乗船している。日本在住者がほとんどだが、韓国からの旅行中に隔離生活を余儀なくされている人もいるという。

 総領事館は一部の韓国人乗船者が要請したカップ麺やキムチ、歯磨き粉などを届ける予定だ。