【ソウル聯合ニュース】北朝鮮で唯一の国際映画祭、平壌国際映画祭(PIFF)が10月16日から1週間、平壌で開かれる。

 平壌国際映画祭の組織委員会は17日、今年で第18回を迎える映画祭が長編映画、ドキュメンタリー・短編・アニメーション、特別上映など様々な部門に分かれて進行されると伝えた。

 組織委によると、同映画祭への出品を希望する場合は、7月30日までに組織委に関連資料を送れば、審査して30日以内に結果を通知するという。

 同映画祭は最高賞にあたる「平壌グランプリ」をはじめ、約20部門で賞が与えられる。

 1987年9月に始まった同映画祭は当初は2〜3年ごとに開かれていたが、2018年からは毎年開催されるようになった。

 一方、中国・北京にある北朝鮮専門の旅行会社で同映画祭の公式スポンサーでもある「高麗ツアー」は開会式の観覧など、映画祭の日程に合わせたツアーの発売を開始した。