【ソウル聯合ニュース】韓国・ソウル市の西大門警察署は1日、大学での講義中に旧日本軍の慰安婦は売春の一種などと発言し、市民団体から告訴された柳錫春(リュ・ソクチュン)延世大教授(社会学)を、名誉棄損容疑で起訴相当の意見を付けて書類送検したと明らかにした。

 

 柳教授は昨年9月19日、延世大での講義中に「(慰安婦関連の)直接的な加害者は日本(政府)ではない」としながら「(慰安婦は)売春の一種だ」と述べ、慰安婦被害者らの名誉を棄損した疑いが持たれている。

 また、慰安婦被害者を支援する市民団体「韓国挺身隊問題対策協議会」(現「日本軍性奴隷制問題解決のための正義記憶連帯」)が介入して慰安婦被害者たちを教育したとも発言。国の被害者だという考えを持つよう同団体が仕向けたと主張したため、関係者らの名誉を棄損した疑いも持たれている。

 これに先立ち、同団体や市民団体「庶民民生対策委員会」は、柳教授が歴史を歪曲(わいきょく)し、被害者の名誉を棄損する発言をしたとして同氏を告訴した。

 

 講義を行った当時、柳教授は「慰安婦被害者が自発的に行ったということか」との学生の質問に「今も売春を行う過程は自発的なものと強制的なものが半々だ」と説明し、「気になるなら一度やってみるか」と学生に問い返すなど、セクハラ発言を行ったとして波紋を呼んだ。

 延世大は今年2月に柳教授を講義から外し、教員懲戒委員会にかけて懲戒の可否を議論している。