【ソウル聯合ニュース】韓国・ソウル市は3日、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、健康保険に加入していない外国人に配布するマスクの受け取り方法を告知した。

 6日からソウルグローバルセンターのホームページ(seoul.go.kr)で申し込めば、フィルター交換型の布マスク(交換用フィルター5枚付き)か使い捨てマスク5枚を無料で受け取れる。

 配布場所はグローバルセンターのほか、外国人労働者センター、グローバルビレッジセンター、グローバル文化体験センター、移住女性相談センター、健康家庭・多文化家族支援センターなどの外国人支援施設41カ所。外国人留学生には大学で配布する。

 受け取りの際はパスポートか外国人登録証を持参する。時間は平日午前9時〜午後8時、週末は午前10時〜午後5時で、受領者の身分証明証を持参すれば代理で受け取ることもできる。

 これに先立ち、ソウル市は先月31日、マスクの入手が難しい外国人留学生と健康保険未加入の外国人を対象にマスク計10万枚を提供すると発表した。