【ソウル聯合ニュース】集団で女性に性的暴行を加えた罪などに問われ、12日にソウル高裁で開かれた控訴審判決公判で懲役5年の実刑判決を言い渡された歌手兼タレントのチョン・ジュニョン被告が大法院(最高裁)に上告したことが、14日分かった。

 

 高裁は、チョン被告が自身の行為を真摯(しんし)に反省しているとして、一審判決の懲役6年から懲役5年に減刑した。

 同時に起訴された男性バンド・FTISLAND(エフティーアイランド)の元メンバー、チェ・ジョンフン被告については、「真摯な反省」は不足しているとしたが、チョン被告と異なり被害者と示談が成立したことを理由に、懲役5年とした一審判決を破棄して懲役2年6か月を言い渡した。チェ被告は現在まで上告していない。