【大田聯合ニュース】韓国中部・大田を中心に記録的な大雨が降り、1人が死亡し、マンション約30世帯、住宅約80世帯、車両55台に浸水被害が出た。

 大田地方気象庁によると、29日午後から30日午前にかけ、大田市で197ミリ、世宗市で111ミリなどの雨が降った。大田市内では1時間に102.5ミリの猛烈な雨を観測した。7月下旬としては歴代4番目に多い降水量となる。

 線路が冠水したり、土砂が流入したりし、大田市を経由する一般列車の運行が遅れている。ただ、高速鉄道(KTX)は正常に運行している。

 気象庁によると、大田市などでは31日午前にかけ、多いところでさらに200ミリの雨が降る見込みだ。