【ソウル聯合ニュース】韓国の康京和(カン・ギョンファ)外交部長官は17〜18日にベトナムを訪問する。企業関係者ら必要不可欠な人の往来を円滑するための入国手続き簡素化(迅速通路)など、新型コロナウイルス対応を巡る両国の協力強化などについて議論する見通しだ。

 康氏は出国前、仁川国際空港で記者団にベトナムとの入国手続き簡素化について、「まだ調整する部分がたくさん残っている」と説明。旅客機の運航に関しては「その問題を含め、人的交流をより活性化できる方策が重要議題の一つ」と述べた。

 康氏は同日、ハノイでグエン・スアン・フック首相と面会し、両国の経済協力などについて話し合う。18日にはファム・ビン・ミン副首相兼外相と会談し、新型コロナウイルス対応を巡る協力や戦略的協力パートナー関係発展、地域・国際情勢などを巡って議論する。朝鮮半島平和プロセスに対する支持も要請するとみられる。

 新型コロナウイルスの発生後、ベトナムを公式訪問する外相は康氏が初めてで、康氏の海外出張は2回目となる。先月初旬にドイツを訪問した。