【ジュネーブ聯合ニュース】世界貿易機関(WTO)は次期事務局長の選出に向けた第1ラウンドの結果を18日(日本時間)に発表する見通しだ。

 WTOは記者団に18日に一般理事会を開くと明らかにした。理事会でウオーカー議長が第1ラウンドの通過者を発表するとみられる。当初は来週に発表すると予想されたが、事務局長が今月1日から空席となったことを受け、日程を早めたようだ。

 ウオーカー議長らは7日から164加盟国・地域を対象に協議を続けてきた。

 次期事務局長選には韓国産業通商資源部の兪明希(ユ・ミョンヒ)通商交渉本部長ら8人が立候補した。第1ラウンドで3人が脱落する。

 選挙は第3ラウンドまで行われ、最終的な結果は11月初旬にも出る見通しだ。