【ソウル聯合ニュース】韓国の青瓦台(大統領府)高官は23日、文在寅(ムン・ジェイン)大統領が国連総会の一般討論演説で朝鮮戦争の終戦宣言に言及したことについて、「すぐに現実化するとは考えていない」として、「忍耐心を持って明日を準備する」との立場を示した。

 また、「平和に対するお互いの意志を確認する終戦宣言を通じ、恒久的な平和の道に進むことを提案した」と説明。「朝鮮半島の休戦体制を強固な平和体制に変えなけれならないというのが政府の基本的な立場で、南北首脳の『板門店宣言』や朝米(米朝)首脳の共同声明などを通じて合意した内容でもある」と述べた。

 その上で、「現在は(北朝鮮との)対話は中断し、時間はむなしく過ぎている」とし、「文大統領はこうした膠着(こうちゃく)を破り、非核化と恒久的な平和定着のための時計の分針、秒針だけでも動かそうと可能なことをした」と強調した。