【ソウル聯合ニュース】韓国の丁世均(チョン・セギュン)首相は25日、北朝鮮に近い黄海上で作業中だった漁業指導船から行方不明になった韓国公務員の男性が北朝鮮軍の銃撃により殺害された事件について、「武装もしていないわが国民に対する蛮行を強く糾弾する」と述べた。

 丁氏は中央災難(災害)安全対策本部の会合の冒頭、「衝撃的な事件」としながら「北の当局の責任ある返答と措置を促す」と強調した。

 故人の冥福を祈り、遺族にお悔やみを申し上げると述べた後、「国民の生命と安全を守ること以上に大切な価値はない」とした。