【ソウル聯合ニュース】韓国国防部は8日、徐旭(ソ・ウク)長官が同日午前にエスパー米国防長官と電話会談を行い、韓米同盟の強化と緊密な協力の重要性を再確認したと発表した。

 

 エスパー氏は徐氏の長官就任に祝意を表し、14日に米ワシントンで開かれる韓米定例安保協議(SCM)での対面協議に期待を示した。

 徐氏はエスパー氏に謝意を表し、SCMの開催成功のために緊密に協力すると述べた。

 両氏は韓米同盟を未来志向的かつ相互補完的に深化・発展させるため、引き続き協力することで一致した。

 就任後初の米国訪問となる徐氏は、今回のSCMで朝鮮半島の戦略安全保障環境の評価や在韓米軍を巡る懸案、米軍主導の韓米連合軍が持つ有事作戦統制権の韓国軍への移管の推進などを主な議題として話し合う計画だ。