【ソウル聯合ニュース】韓国航空大手、アシアナ航空は12日、日本の福岡空港を出発して仁川国際空港に向かう臨時便を13日と28日に運航すると発表した。

 

 臨時便は福岡空港を午前11時に出発し、仁川空港に午後0時半に到着する。日本政府が韓国からの航空便の到着を成田空港と関西空港に限定しているため、仁川から福岡に向かう便は搭乗客を乗せずに運航する。

 新型コロナウイルスの感染拡大により3月に仁川―福岡線が運休して以来、7か月ぶりに韓国航空会社が福岡線を運行することになる。

 アシアナ航空は、現地在住の韓国人や留学生、企業関係者などの韓国への帰国を望む声が多かったことから臨時便の運航を決めたと説明した。

 同社は現在東京線と大阪線を定期運航しており、韓日両国のビジネス関係者に対する入国制限措置の緩和を受けて新たな路線の運航再開を検討している。