【ソウル聯合ニュース】北朝鮮軍が黄海で韓国海洋水産部所属の公務員男性を射殺した事件を巡り、康京和(カン・ギョンファ)外交部長官が21日に男性の兄のイ・レジンさんと面談する予定だ。

 康氏は7日に行われた国会外交統一委員会による国政監査で、男性の遺族と直接会う意向を示していた。イさんは面談で、外交部が国連に対し事件の調査を促すよう要請するとみられる。

 イさんは6日、ソウルにある国連人権事務所に男性が死亡した経緯などの調査を要請した。