【ソウル聯合ニュース】韓国国会の農林畜産食品海洋水産委員会は26日の全体会議で、東京電力福島第1原発の処理済み汚染水(日本政府の名称は「処理水」)の海洋放出計画を撤回するよう日本政府に促す決議案を全会一致で採択した。

 決議は、日本政府に強い遺憾の意を表明するとともに、放射能調査の結果と海洋放出決定のプロセスを含むあらゆる情報の公開を要求する内容を盛り込んでいる。

 提案者の李介昊(イ・ゲホ)農林畜産食品海洋水産委員長は決議で「汚染水による直接的な被害が発生しないとしても、水産物が放射能で汚染される可能性だけでも水産業は壊滅的な被害を受ける公算が大きい」と指摘した。