【ソウル聯合ニュース】韓国国内の免税店で先月、外国人客1人当たりの購入額が初めて2000万ウォン(約180万円)を超えたことが29日、韓国免税店協会の統計資料で明らかになった。

 同協会によると、国内免税店の9月の売上高は前月より約400億ウォン多い1兆4840億ウォンで、5か月連続増となった。ただ、1年前と比べると3分の2水準にとどまる。

 9月の売上高のうち、外国人による売上高が1兆4409億ウォンで大半を占めたが、免税店利用客は韓国人(約35万8000人)が外国人(約6万6000人)の5倍以上だった。

 免税店の外国人客数は昨年9月には約172万人に上っていたが、新型コロナウイルスの流行を受けて減少が続き、今年6月以降は月6万〜7万人程度で推移している。

 外国人客数は減ったものの、外国人1人当たりの購入額は先月に2108万ウォンと初めて2000万ウォンを超えた。従来の最高額は前月8月の1843万ウォンだった。このことは、新型コロナの影響で海外旅行客が激減する中、免税店の売上高が本国での転売を目的にした中国人の「運び屋」に依存している現実を示している。