【ソウル聯合ニュース】韓国の徐薫(ソ・フン)国家安保室長は6日、米国のオブライエン大統領補佐官(国家安全保障担当)、日本の北村滋国家安全保障局長とテレビ会談を行い、米大統領選の結果と関係なく、3カ国の外交・安全保障協力を空白が生じないよう進めていくことで一致した。韓国青瓦台(大統領府)が明らかにした。

 徐氏は米大統領選が終わったことを受け、非核化を巡る米朝対話の早期再開が必要と強調。3者は朝鮮半島の非核化と恒久的な平和構築などを巡る3カ国の連携を続けていくことにした。

 青瓦台は「最近の朝鮮半島情勢に関する評価を共有し、対話再開に向けた対北朝鮮関与の方策について議論した」と伝えた。

 3者は新型コロナウイルスへの対応についても意見交換し、ワクチンと治療薬の開発と普及のための協力を強化することで一致した。

 また、新型コロナウイルスの感染拡大の状況を見極め、近いうちに対面協議を行うことにした。