【ソウル聯合ニュース】韓国の外交部は16日、対日外交で同部が外されているといういわゆる「外交部パッシング」との指摘が出ていることについて、「韓日間で実施されているさまざまな高官級交流も外交部との事前情報共有と協力を通じて行われており、外交部パッシングとの主張は事実無根」と表明する報道資料を出した。

 同部を巡っては、対日外交で外されているほか、日本との各レベルの意思疎通チャンネルも稼働していないとの報道が出ている。

 これら報道について同部は「韓日関係改善のため、外交部を第一線の軸とし、国会などと一つのチームとなって政府挙げての努力が行われている中、事実と異なる記事が報道されたことに遺憾を表明する」と主張。「(日本との)外交当局間の各レベルの対話と協議もさまざまなチャンネルと方式を通じて緊密に行われており、意思疎通チャンネルが稼働していないという報道も事実と異なる」と強調した。

 同部の康京和(カン・ギョンファ)外交部長官は13日のインタビューで、情報機関・国家情報院の朴智元(パク・チウォン)院長が先週訪日したことに関連し、「外交部としては十分に協議した状況ではない」と述べ、一部メディアから外交部パッシングとの指摘が出されている。