【ソウル聯合ニュース】韓国の李仁栄(イ・イニョン)統一部長官は18日、ペリー元米国防長官とテレビ会議を行い、対北朝鮮政策について意見交換した。

 

 ペリー氏は、米クリントン政権で米朝関係を融和ムードに転換させた自身の外交政策はバイデン次期政権でも有効だと助言。李氏はこれに従って朝鮮半島平和プロセスを再開するとの意向を表明した。

 統一部によると、ペリー氏は「北朝鮮の核能力の進展など当時と状況は異なるが、朝鮮半島非核化のための外交的解決方法は依然として有効だ」としながら「韓米が共同でより進化した非核化・平和プロセスを作っていかなければならない」と述べた。

 ペリー氏は1999年に北朝鮮政策調整官を務め、「ペリープロセス」と呼ばれる対北朝鮮政策のロードマップ(行程表)を策定した。プロセスには北朝鮮のミサイル発射中止と米国の対北朝鮮制裁解除、北朝鮮の核・ミサイル開発中止、米朝・日朝関係正常化と朝鮮半島の平和体制構築の3段階に分けて進める案が盛り込まれた。

 李氏は「金大中(キム・デジュン)―クリントン間の調整と協力の基礎となった『ペリープロセス』を教訓に、朝鮮半島平和プロセス再開のために知恵を集め、米国政府との協力を強化していく」と明らかにした。

 テレビ会議には金大中政権で統一部次官を務めた丁世鉉(チョン・セヒョン)民主平和統一諮問会議首席副委員長も出席した。

 丁氏はこの日、ソウル市内のホテルで開かれた大統領直属機関・民主平和統一諮問会議のフォーラムでテレビ会議でのやりとりを一部明らかにし、ペリー氏が米大統領選で当選した民主党のバイデン候補と会う際に「米国と韓国が対北朝鮮政策調整官を任命し、北朝鮮核問題を解決する枠組みを作るよう話す」と約束したと伝えた。