【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の人権問題を担当する国連のキンタナ特別報告者が、9月に北朝鮮軍が黄海で韓国の公務員男性を射殺した事件に関する情報公開を促す書簡を韓国政府に送った。

 外交部によると、書簡は17日にスイス・ジュネーブの韓国政府代表部に伝達された。同事件に関する情報が男性の遺族に十分提供されなければならないという内容で、政府の返答を求めている。

 キンタナ氏は北朝鮮政府代表部にも同様の趣旨の書簡を送り、同事件に対する懸念を示したという。

 外交部は関係官庁と協議し答弁書を作成する予定だ。