【世宗聯合ニュース】韓国政府は19日、韓国版ニューディール関係閣僚会議を兼ねた非常経済中央対策本部の会合で、目的地に着陸せずに海外上空を巡る遊覧飛行「無着陸国際観光飛行」の推進計画を協議し、1年の期間限定で飛行を認めることを決めた。1年間、新型コロナウイルスの状況をみながら期間を延長するか否かを判断する方針だ。

 同計画は新型コロナウイルス流行の影響で苦境が続く航空・観光・免税店業界を支援するために設けられた。

 無着陸国際観光飛行は、仁川国際空港を出発し他国の上空を飛行後、同空港に戻る。1日の運航便数を制限し、運航間隔も十分確保することで防疫に問題が生じないようにする計画だ。

 出入国審査については、出国時は一般的な手続きを適用するが、入国は海外入出国のない再入国の形で認める。再入国後の新型コロナウイルス検査や隔離措置は免除される。

 また、国際観光飛行の利用者には一般の海外旅行者と同じ免税範囲が適用され、機内はもちろん、市内や空港内の免税店での免税品購入が可能だ。

 国土交通部の関係者は、年内に関連商品が発売されるよう積極的に支援すると話している。