【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は23日、次期駐日大使に与党「共に民主党」の姜昌一(カン・チャンイル)前国会議員(68)を内定した。姜氏は超党派でつくる韓日議員連盟の前会長で、日本通として知られる。悪化した韓日関係の改善を目指す文大統領の意欲の表れと受け止められる。

 南部・済州島出身の姜氏は国会議員を4期連続務めた。ソウル大を卒業後、東京大大学院で博士号を取得し、客員教授も務めた。国会議員在任中は韓日議連会長として活動し、現在は名誉会長を務める。

 現駐日大使の南官杓(ナム・グァンピョ)氏は昨年5月に赴任しており、交代は約1年半ぶり。