【ソウル聯合ニュース】韓国銀行(中央銀行)は26日、定例の金融通貨委員会を開き、政策金利を年0.5%で据え置いた。韓銀は3月の臨時の金融通貨委で、新型コロナウイルスの感染拡大により景気減速が予想されるとして政策金利を年1.25%から過去最低の0.75%に引き下げ、5月にはさらに0.25%利下げした。その後、今回を含め4回連続の据え置き。