【ソウル聯合ニュース】韓国銀行(中央銀行)は26日、韓国の今年の実質国内総生産(GDP)成長率見通しを前回8月時点で示したマイナス1.3%からマイナス1.1%に上方修正した。

 韓銀は5月に新型コロナウイルス流行の影響を反映し、今年の成長率をマイナス0.2%と予想した。その後、国内の新型コロナを巡る状況が予想より悪化したため8月にマイナス1.3%に下方修正した。だが、1〜3月期(前期比1.3%減)、4〜6月期(同3.2%減)の2四半期連続でマイナスだった実質GDPが7〜9月期に同1.9%増加したことを受け、成長率見通しを小幅に引き上げたとみられる。

 韓国経済がマイナス成長を経験した年は1980年(マイナス1.6%)、アジア通貨危機に見舞われた98年(マイナス5.1%)の2回のみで、実際に今年の成長率がマイナスになれば22年ぶりとなる。

 一方、韓銀は21年の成長率見通しを3.0%とし、前回予想(2.8%)から0.2ポイント引き上げた。