◇コロナ感染者急増 2日連続で500人超

 韓国の中央防疫対策本部は27日、この日午前0時現在の国内の新型コロナウイルス感染者数は前日午前0時の時点から569人増え、累計3万2887人になったと発表した。市中感染が525人、海外からの入国者の感染が44人だった。1日当たりの新規感染者数は2日連続で500人を上回った。

◇法相が検事総長に懲戒委への出席通知 検事らは強く反発

 秋美愛(チュ・ミエ)法務部長官が職務停止を命じた尹錫悦(ユン・ソギョル)検事総長に対し、来月2日に懲戒審議を行うとして懲戒委員会に出席するよう通知した。職務停止措置には検事から最高幹部の高検検事長まで反発しており、事実上、検察組織全体が秋氏に抵抗している。尹氏はまだ懲戒委への出席意思を明らかにしていない。

◇3回目のコロナ支援金給付 与党が約1900億円規模で検討

 与党「共に民主党」が新型コロナウイルスの経済対策として、3回目の緊急災難(災害)支援金を約2兆ウォン(約1900億円)規模で編成する案を検討していることが分かった。同党の関係者は「政府が分野別の被害規模を把握してから支援予算の規模を決められる」と伝えた。

◇中国外相「文政権、戦争食い止めた」

 訪韓している中国の王毅国務委員兼外相は26日、共に民主党の李海チャン(イ・ヘチャン)前代表と夕食会を行い、南北関係について、「今は停滞しているというが、この程度の停滞も容易なものではない」として、「文在寅(ムン・ジェイン)政権の成果はいろいろあると思うが、戦争と破局を食い止めた」と評価した。また、「文大統領の南北対話への努力を支持する」とし、「恒久的な平和実現のため、南北双方が建設的な努力をしなければならない」と述べた。