【ソウル聯合ニュース】韓国の丁世均(チョン・セギュン)首相は31日の中央災難(災害)安全対策本部の会議で、韓国が独自に開発している新型コロナウイルス感染症のワクチンについて、「来年末には公開できると思う」と述べた。

 また、韓国企業が開発した治療薬が数日前に許可審査に入り、海外で開発されたワクチンは早ければ来年2月から接種を始めるとして、「(韓国式コロナ対策の)『K防疫』を土台に治療薬、ワクチンが次々に加われば、どの国よりも先に新型コロナウイルスを克服できる」と強調した。

 今年の防疫の成果については、「1年間、新型コロナウイルスの激しい挑戦と闘い、今も闘いは現在進行形だが、全体としてはプライドを持って良いと言えるほどよくやっている」と評価。「移動制限や封鎖措置なく状況を管理しており、検査(Test)、追跡(Trace)、治療(Treat)の『3T』戦略に基づいたK防疫は世界の標準に位置づけられた」と述べた。