【ソウル聯合ニュース】韓国青瓦台(大統領府)は8日、世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長が文在寅(ムン・ジェイン)大統領に書簡を送り、新型コロナウイルス感染症への対応における韓国政府の国際連帯への努力に感謝を示したと明らかにした。

 テドロス氏は書簡で、文大統領が「国際社会に大きな苦難を招いた(新型コロナの)危機に立ち向かうための全地球的な連帯をみせた」として感謝を表明した。

 また「新たな医薬品の登場によりパンデミック(世界的な大流行)終息へ希望を持てるようになった」とし、「(ワクチンを共同購入する国際的枠組みである)COVAX(コバックス)に対する文大統領の支援も、コロナ終息に重要な役割を果たすだろう」と伝えた。

 さらに、「韓国が文大統領のリーダーシップの下、効果的にウイルスをコントロールできる事を示した」と評価し、引き続き緊密な協力を求めた。

 文大統領はこれに返書を送り、新型コロナ対応のためのWHOの献身を評価するとともに、グローバル保健ガバナンス(統治)の強化に向けた議論に韓国が主導的に加わるなど、今年も協力を継続していくことを伝える予定だという。