【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の朝鮮中央通信は14日、金正恩(キム・ジョンウン)総書記が第8回朝鮮労働党大会を祝う公演を観覧したと報じた。

 党大会は5〜12日に開催され、公演は13日に平壌で開かれた。金総書記のほか崔竜海(チェ・リョンヘ)最高人民会議常任委員長 、趙勇元(チョ・ヨンウォン)党書記、李炳哲(リ・ビョンチョル)党中央軍事委員会副委員長、金徳訓(キム・ドクフン)首相らも公演を観覧した。

 北朝鮮はこの日、党大会出席者を対象とした講習も開き、党の路線や政策、事業に献身的に取り組むよう強調した。

 一方、関心を集めた党大会記念の閲兵式(軍事パレード)に関する報道はなかった。