【ソウル聯合ニュース】韓国外交部は18日、日本の茂木敏充外相が同日に行った外交演説で独島の領有権を主張したことについて、「強く抗議し、即刻撤回を求める」とする報道官声明を出した。

 

 外交部は「日本政府は歴史的、地理的、国際法的に明白な韓国固有の領土である独島に対する無駄な試みを即刻中止し、正しい歴史認識が未来志向的な韓日関係の発展の礎であるという点を深く振り返らなければならない」と指摘した。

 また、日本政府に旧日本軍の慰安婦被害者への賠償を命じた韓国地裁の判決に関し、日本の一方的な要求は受け入れられないとした上で、日本政府も2015年の慰安婦合意当時に発表した謝罪と反省の精神に立脚して被害者の名誉と尊厳を回復し、両国間の建設的で未来志向的な協力を続けるために共に知恵を発揮することを求めると強調した。

 茂木氏はこの日国会で行った外交演説で、独島を日本の領土だと主張するとともに、日本政府に慰安婦被害者への賠償を命じた判決について「国際法上も2国間関係上も、到底考えられない異常な事態が発生した」と述べた。