【ソウル聯合ニュース】韓国の統一部当局者??は18日、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)氏の公式呼称について、記者団に「国家代表職位である国務委員長とするのが適切だと判断する」と述べた。

 また、「北の憲法で国務委員会委員長を国家の最高領導者と規定しており、南北首脳の合意にも金正恩は『国務委員長』と署名した」と説明した。

 北朝鮮は国内外向けの報道で金正恩氏について、「(朝鮮)労働党総書記」「共和国国務委員長」「共和国武力最高司令官」などの肩書を使っている。

 このうち、党内の公式の肩書は総書記となっている。金正恩体制発足後の第1書記から2016年は委員長に、今年1月の党大会では総書記となった。

 韓国政府は党内の肩書である総書記よりは、国家の代表としての肩書となる国務委員長が公式呼称に適切だと判断したとみられる。