【ソウル聯合ニュース】新型コロナウイルスワクチンの公平な分配を目指す国際的な枠組み「COVAX(コバックス)」は2日、5月までに北朝鮮に170万4000回分のワクチンを供給する方針を明らかにした。

 北朝鮮に供給されるワクチンは英アストラゼネカとオックスフォード大が開発し、インドのセラム・インスティチュート・オブ・インディア(SII)が製造したもの。同ワクチンは2回接種が必要で、接種を受けられる人数は85万2000人となる。

 北朝鮮はワクチンを無償提供する92カ国・地域に含まれている。

 COVAXは先月、初回分のワクチン供給計画を発表し、6月までに北朝鮮へ199万2000回分のワクチンを提供する方針を明らかにしていた。今回は期間を5月までとしており、供給量がやや減少したとみられる。

 一方、COVAXは142カ国・地域にアストラゼネカ・オックスフォード製ワクチン2億3700万回分、米ファイザーと独ビオンテックが開発したワクチン120万回分を分配する計画だ。韓国にはアストラゼネカ・オックスフォード製210万2400回分、ファイザー・ビオンテック製11万7000回分を分配する。

 今回の計画には米国や欧州、日本などの先進国と中国などは含まれなかった。