【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領夫妻は23日、ソウル市内の鍾路区保健所で英製薬大手・アストラゼネカ製の新型コロナウイルスのワクチンを接種した。

 韓国政府は同日から65歳以上に対するアストラゼネカ製ワクチンの接種を始めた。文大統領は68歳、夫人の金正淑(キム・ジョンスク)氏は66歳だ。

 文大統領は6月に英国で開催される主要7カ国(G7)首脳会議に出席するため、接種を受けた。疾病管理庁は公務出張などの目的で出国する場合、ワクチンを優先接種している。

 G7のため文大統領の訪英に同行する青瓦台(大統領府)の徐薫(ソ・フン)国家安保室長ら9人もワクチンを接種した。