【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党総書記)は25日の弾道ミサイルの発射実験に立ち会わず、平壌市内に建設する予定の住宅団地を視察した。朝鮮中央通信が伝えた。

 通信は別の記事で25日に「新型戦術誘導弾」2発の発射実験を行い、李炳哲(リ・ビョンチョル)党中央軍事委員会副委員長らが立ち会ったと報じた。

 新型戦術誘導弾は弾道ミサイルで、米国に対する武力示威を行いながらも挑発の水準を抑えるため、金正恩氏が立ち会わなかったとみられる。