【ソウル聯合ニュース】韓国統一部は30日、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党総書記)の妹、金与正(キム・ヨジョン)党副部長が北朝鮮のミサイル発射を受けた文在寅(ムン・ジェイン)大統領の発言を非難する談話を発表したことに対し「強い遺憾の意を表する」とし、「どのような瞬間にも互いに向けた言行において最低限の礼儀は守られるべきだ」との立場を表明した。

 

 統一部の当局者はこの日、記者団に対し「一部の表現に対話と協力の相手に対する最低限の尊重や基本的な礼儀を逸脱したと判断される部分があり、遺憾を表明した」と説明した。

 一方で、南北対話の流れを作るための努力は一貫して維持していくと述べた。

 また、「南北と米国が対話を続けるために努力することは、朝鮮半島平和プロセスの進展のための唯一の正しい道だということが政府の一環した立場」だと強調した。

 金与正氏は30日に発表した談話で、文大統領が26日の「西海(黄海)守護の日」の記念式典で行った演説と昨年7月23日に国防科学研究所を訪問して行った発言を並べ、「北と南の国防科学研究所で実施した弾道ミサイル発射を巡り、彼らが行ったのは朝鮮半島の平和と対話のためのもので、われわれが行ったのは対話の雰囲気に困難を与える決して望ましくないことだというのは鉄面皮で驚愕(きょうがく)を禁じ得ない」と批判。文大統領を「米国産オウム」とこき下ろし、文大統領の発言について「米国の主張とうり二つ」だと主張した。

 統一部の当局者は、一部の表現に遺憾を表明したものであり、基本的な南北交流・協力の意志に変わりはないと強調した。

 また、談話の回数や内容は参考にするが、情勢を判断するには十分ではないとして、今後、他の要素も含めて情勢を冷静かつ綿密に見守ると述べた。