【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党総書記)が党の末端組織「細胞」の幹部が参加する「細胞書記大会」で、「苦難の行軍」を決心したとし、綱紀粛正に乗り出した。

 朝鮮中央通信は9日、金氏が8日に細胞書記大会の閉幕のあいさつで、「私は党中央委員会をはじめ各級の党組織、全党の細胞書記たちがさらに厳しい『苦難の行軍』を行うことを決心した」と明らかにしたと報じた。

 「苦難の行軍」は北朝鮮で1990年代後半の食糧難の時期に使われたスローガン。金氏は「前進する途上で多くの困難と難関が立ちふさがり、それにより第8回党大会の決定を貫くための闘争は平たんではない」と述べた上で、「偶然の機会ができることを絶対に信じない。何かに期待したり望みをかけたりすることもない」と強調した。

 金氏の発言は「苦難の行軍」の時期の困難を意味しているのではなく、対北朝鮮制裁が長期化する中、制裁緩和を期待するよりも気を引き締めて経済難を打開するための内部結束をさらに強化するという意図があるとみられる。