【ソウル聯合ニュース】韓国保健福祉部は12日、製薬会社5社が新型コロナウイルスワクチンの臨床試験(治験)に入ったと、文在寅(ムン・ジェイン)大統領主宰の新型コロナ対応特別防疫点検会議で報告した。

 SKバイオサイエンス、euバイオロジクス、セルリード、ジェネクシン、ジーンワン生命科学の5社で、今年後半から第3相臨床試験に着手するのが目標という。

 韓国政府はワクチンの臨床試験などのために今年約687億ウォン(約67億円)の予算を編成し、費用を支援する。昨年は490億ウォンを投じた。

 保健福祉部の権徳チョル(クォン・ドクチョル)長官は「新しい感染症に独自に対応できる力を確保するため、国内のワクチン開発が成功するまで支援する」と強調した。