【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党総書記)が3日連続でキューバの共産党トップの第1書記に就任したディアスカネル大統領に祝意のメッセージを伝え、両国関係の発展を強調した。

 朝鮮中央通信は22日、金正恩氏がディアスカネル氏の誕生日を迎え、20日に祝電と花束を送ったと報じた。祝電では「両国の人民の伝統的な親善協調関係が今後一層強化・発展されるという確信を表明(する)」と呼び掛けたという。

 金正恩氏は19日にディアスカネル氏の選出を受け祝電を送り、20日には金成男(キム・ソンナム)党国際部長を在北朝鮮キューバ大使館に送って祝意のメッセージを伝えた。

 対北朝鮮制裁の緩和が期待できなくなったことから、社会主義国との連携を強化し、反米での結束をアピールする狙いとみられる。