【ソウル聯合ニュース】韓国外交部で北朝鮮問題を担当する魯圭悳(ノ・ギュドク)朝鮮半島平和交渉本部長は22日、米国務省のソン・キム次官補代行(東アジア・太平洋担当)と電話協議を行った。

 韓国外交部によると、両氏は最終段階にある米国の対北朝鮮政策の見直しを巡り、両国が緊密に連携していることを確認し、朝鮮半島の完全な非核化と恒久的な平和定着に向けた協力策について意見交換した。

 また、5月に開催する韓米首脳会談の成功のため、さまざまなレベルで緊密に協議することで一致した。