【ソウル聯合ニュース】韓国軍制服組トップの元仁哲(ウォン・インチョル)合同参謀本部議長は30日に開かれる米軍のミリー統合参謀本部議長、日本防衛省の山崎幸二統合幕僚長との会談に出席するため、28日に米ハワイに向けて出発した。

 元氏は米インド太平洋司令官の離任・就任式にも出席する。

 韓国軍合同参謀本部は会談について、「朝鮮半島と北東アジアの平和と安定を拡大するための多国間協力について議論する」と説明した。3カ国の軍事協力や北朝鮮問題、朝鮮半島と地域の安全保障情勢などについて意見交換するとみられる。

 3カ国の制服組トップの対面会談は2019年10月以来となる。

 ただ、元氏と山崎氏の個別会談は予定していないという。

 元氏はインド太平洋司令官らとも会談し、韓米の軍事協力など主な懸案について議論する。