【ソウル聯合ニュース】韓国の徐旭(ソ・ウク)国防部長官は28日の国会国防委員会で、北朝鮮が先月25日に発射した弾道ミサイルの飛行距離と関連し、「韓米間で分析をしたが少し差があった」とし、現時点では600キロ程度飛行したと判断していると説明した。

 軍当局は同ミサイルが発射された直後、約450キロ飛行したと発表。一方、北朝鮮は600キロ離れた目標を正確に打撃したと主張していた。

 徐氏は飛行距離の分析が訂正された理由について、北朝鮮が東海側にミサイルを発射した場合、韓国の設備では低い位置の動きが正確に観測できないなどと説明した。

 徐氏はこの日の国会への業務報告で同ミサイルについて、初めて「改良型短距離弾道ミサイル」と明確にした。これまでは「弾道ミサイルの可能性」などとしていた。

 また同ミサイルについて、北朝鮮が第8回朝鮮労働党大会を記念した今年1月の閲兵式(軍事パレード)で公開したミサイルと同じものと推定していると述べた。