【ソウル聯合ニュース】韓国国家基幹ニュース通信社の聯合ニュースは4日、総合時事情報資料集「聯合年鑑」の2021年版を発刊した。

 聯合ニュースが保有する膨大な情報と資料に基づき、約150人の執筆陣が2020年の政治、経済、社会、文化、スポーツなど分野別の主要ニュースのほか、統計、図表などをまとめ収録した。

 新型コロナウイルスの流行、コロナ禍で実施された総選挙、検察改革を巡る秋美愛(チュ・ミエ)前法務部長官と尹錫悦(ユン・ソギョル)前検事総長の対立、故朴元淳(パク・ウォンスン)前ソウル市長と呉巨敦(オ・ゴドン)前釜山市長のセクハラ事件、政府の対策にもかかわらず価格上昇が止まらない住宅問題などを「焦点」として取り上げた。

 韓国の人気グループ、BTS(防弾少年団)の米ビルボードメインシングルチャート「ホット100」1位獲得、ポン・ジュノ監督の映画「パラサイト 半地下の家族」の米アカデミー賞4冠達成についても詳しく掲載した。

 分野別ニュースは写真、グラフィック、表などを添えて見やすくなるよう編集した。主な事件や事故を日誌に要約し、国内外と北朝鮮の主要ニュースを画報形式でまとめた。各国の現況は地図や面積・人口・言語などの概要とともに最近の状況につても説明した。

 資料編には統計、一覧、主要演説や発表文、国会本会議で議決された主要法案を掲載した。韓国での新型コロナウイルス感染者発生後の感染状況や被害、今後の見通し、対策などを取り上げた企画記事、聯合ニュースが選ぶ過去10年間の国内・国外10大ニュースなど多様な資料を別途にまとめた。

 北朝鮮編では南北関係に最悪の緊張局面をもたらした北朝鮮による南北共同連絡事務所爆破や韓国公務員射殺事件、朝鮮労働党創建75周年記念日の閲兵式(軍事パレード)など、急変する北朝鮮の情勢と現況を聯合ニュースが独占配信する朝鮮中央通信と朝鮮中央テレビの報道などに基づき分析しまとめた。

 聯合ニュースは1981年から年鑑を発刊している。通巻41巻目となる21年度版は1376ページ。18万ウォン(約1万7000円)。購入問い合わせは聯合ニュース出版部(02−398−3591・3593)まで。