【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は6日、南東部・蔚山市が推進中の浮体式の洋上風力発電施設の建設事業に関連し、「大規模な洋上風力施設はエネルギーの転換や、(温室効果ガス排出量を実質ゼロにする)『カーボンニュートラル(炭素中立)』に向かう近道だけでなく、未来の成長エンジンになる」として、「(同施設が完成すれば)洋上風力の5大強国に近づく」と強調した。この日蔚山市内で行われた洋上風力発電に関する報告会で述べた。

 蔚山市は2030年までに計36兆ウォン(約3兆5000億円)を投じて、ソウル市の面積の2倍に達する浮体式の洋上風力発電設備を建設し、576万世帯が使用できる6ギガワット(GW)の電力を生産する計画だ。 

 文大統領は「世界各国は今、再生可能エネルギーとして浮体式の海洋風力発電に注目している」とし、「世界の市場規模は今後10年間で100倍程度成長する」と見通した。

 また同施設の経済効果について、「21万人分の雇用が創出される」とし、「年間930万トンの二酸化炭素(CO2)を削減し、政府が目標に掲げた2030年時点の海洋風力発電量12ギガワットの半分を達成する」と説明した。

 その上で、「生産された電力の20%を活用すれば8万4000トンの(生産時にCO2と排出しない)グリーン水素を作ることができる」とし、「蔚山市は2030年に世界最高の水素都市に飛躍し、韓国の炭素中立をけん引することになる」と述べた。