【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は11日の閣議で、「1〜3月期の韓国の成長率が1.6%となり当初予測の2倍を超えた。毎四半期、前期比で0.7〜0.8%ずつ成長を続ければ、年4%の(成長率)達成が十分可能だ」として、「4%の経済成長率達成のため、各官庁が努力を傾けてほしい」と指示した。青瓦台(大統領府)の朴ギョン美(パク・ギョンミ)報道官が伝えた。

 文大統領は就任から丸4年を迎えた10日に行った演説で、「今年、韓国経済が11年ぶりとなる4%以上の成長率を達成できるよう、政府は総力を挙げて取り組み、民間の活力を高めていく」との方針を明らかにした。

 文大統領は今月1〜10日の輸出が前年同期比81.2%増加したとの報告を受けた際、コンテナなどを積む船の不足で輸出に支障が出ないよう積極的に対策を講じるよう指示した。