【ソウル聯合ニュース】米国のヘインズ国家情報長官が12日午後、韓国を訪問する。

 韓国政府筋によると、ヘインズ氏は同日午後に日本を出発し、同3時ごろソウル近郊にある在韓米軍の烏山空軍基地に到着する。

 ヘインズ氏は11日、東京で日本の北村滋国家安全保障局長と会談。12日午前には韓国情報機関・国家情報院(国情院)の朴智元(パク・チウォン)院長、日本の滝沢裕昭内閣情報官と会談する。

 日本メディアによると、ヘインズ氏は訪韓中、南北を隔てる非武装地帯(DMZ)などを視察する予定だ。青瓦台(大統領府)訪問も調整しているとされ、文在寅(ムン・ジェイン)大統領、徐薫(ソ・フン)国家安保室長と面会する可能性もある。

 ヘインズ氏は女性として初めて中央情報局(CIA)や連邦捜査局(FBI)など15の情報機関を統括する国家情報長官室のトップとなった。