【ソウル聯合ニュース】韓国行政安全部は13日、1年のうち5月に自転車による交通事故の死者が最も多く発生するとして、交通ルールを守り、事故に注意するよう呼び掛けた。

 2017〜19年に発生した自転車の交通事故は計4万744件で、これによる被害は4万2993人(死者657人、負傷者4万2336人)に上る。

 自転車による交通事故は暖かくなる3月から増え始め、本格的な春の行楽シーズンである5〜6月まで増加が続く。

 なかでも、自転車による交通事故の月別の死者は5月が74人と1年で最も多かった。負傷者も6月に続いて5月が2番目に多かった。

 自転車で交通事故を起こした人のうち約半分(49.6%)が51歳以上で、時間帯別では午前が8〜10時(13.0%)、午後は4〜6時(16.0%)が多かった。

 自転車による交通事故のうち、自責による加害運転の割合は39.4%、他責による被害運転は60.6%だった。

 加害運転による事故の違反内容は、安全運転義務不履行が63.8%と過半数を占め、センターラインのはみ出し(8.6%)、信号無視(7.5%)、交差点通行方法違反(3.4%)の順だった。

 行政安全部は、自転車は道路交通法では「車」に当たるとして、必ず交通ルールを守らなければならないと強調した。