【ソウル聯合ニュース】韓国の自動車最大手、現代自動車が2019年から操業を停止している中国の北京第1工場の敷地を所在地の順義区に売却する計画を進めていることが28日、分かった。

 同工場は現代が北京汽車と連携し、2002年末から生産を始めた。現代が中国に建設した最初の工場で象徴性が大きい。年間生産能力は30万台に達した。

 米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」の韓国配備の影響で販売不振が続き、19年4月から操業を停止している。

 現代は韓国にある中国事業関連組織を現地に配置し、持ち株会社組織を強化するなど、中国事業の体質を根本的に改善する作業を進めている。収益性を向上させるため、低価格の小型車販売を減らし、旧型モデルの生産も中止した。

 今年は高級車ブランド「ジェネシス」の販売を開始。上海国際モーターショーで初の電気自動車(EV)専用車「アイオニック5」や子会社・起亜の「EV6」、ジェネシス初のEVとなる「G80」の電動化モデルを紹介するなど、中国の高級車とエコカー市場を攻略している。