【ソウル聯合ニュース】北朝鮮は31日、韓米が先の首脳会談で韓国軍のミサイルの射程を制限するミサイル指針を撤廃したことを非難するとともに、米国を「二枚舌」とののしった。

 朝鮮中央通信は同日、「ミサイル指針の撤廃は朝鮮半島の緊張を高める背後に誰がいるのかを明確に示す。強対強、善対善(是々非々)の原則で米国を相手にする」とする論評員名義の記事を掲載した。

 これは韓米首脳会談以降、沈黙を守ってきた北朝鮮が出した初の反応となる。

 ただ、外務省高官や報道官名義ではないため、今後外交的に動ける余地を残したとの評価だ。