【ソウル聯合ニュース】韓国国会の法制司法委員会は31日の全体会議で、検事総長候補の金オ洙(キム・オス)前法務部次官に対する人事聴聞経過報告書を与党単独で採択した。最大野党「国民の力」議員は会議を欠席した。

 

 国会は26日に金氏の人事聴聞会を開いたが、政治的に偏っているなどとして野党が任命に同意せず、提出期限の26日までに報告書を送付しなかった。文在寅(ムン・ジェイン)大統領は翌27日、報告書を31日までに送るよう国会に要請していた。

 与党「共に民主党」は報告書の合意による採択を、国民の力は聴聞会再開をそれぞれ要求し、折り合えなかったことから、共に民主党はこの日、単独で会議を開いて報告書を採択した。国民の力はこれに対し、「国民を無視するもの」だと反発している。

 金氏は、文政権で野党の同意なく任命される33人目の長官(閣僚)級となる見通しだ。