【ソウル聯合ニュース】電気自動車(EV)のレースシリーズ「ABB FIAフォーミュラE世界選手権」が来年8月13〜14日に韓国・ソウルの蚕室総合運動場一帯で開催される。ソウル市が18日伝えた。

 国際自動車連盟(FIA)が主催するフォーミュラE選手権は2014年に初開催され、毎年ニューヨーク、ロンドン、パリなど世界の主要都市で開かれている。

 韓国での開催は初となる。当初は昨年5月に開かれる予定だったが、新型コロナウイルスの感染拡大により、延期された。

 来年8月のソウル大会は「2021〜22シーズン」の最終戦で、事実上の決勝戦とみなされる。メルセデス・ベンツ、ポルシェ、BMWなど世界の自動車メーカーがチームとして参加する。

 ソウル市は選手やスタッフなど大会関係者だけで2000人以上が来韓すると予想。同大会に合わせて観光フェスティバル「ソウル・フェスタ」を開催することで、両イベントのシナジーを狙う計画だ。ソウル・フェスタは来年8月10〜14日に開かれる。

 ソウル市は、ソウル名誉観光広報大使とフォーミュラEのグローバル広報大使を務める韓国の人気グループ、BTS(防弾少年団)の活躍が両イベント成功の後押しになることを期待している。