【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は6日、青瓦台(大統領府)で主宰した閣議で、国連貿易開発会議(UNCTAD)が韓国の所属グループを開発途上国から先進国に変更したことに関して「国連加盟国の満場一致で、わが国は名実ともに先進国だと国際的に認められた」と評価した。

 

 文大統領は「地位の変更はUNCTADが設立された1964年以来初めてで、大変誇らしいことだ」と述べた。

 また、韓国は世界10位圏の経済規模に成長し、主要7カ国(G7)首脳会議に2年連続招待されるなど国際舞台で地位が高まったとし、新型コロナウイルスの危機対応においても模範事例として評価されていると説明した。

 さらに、「韓国は堂々たる先進国だという矜持(きょうじ)の中で責任と役割をさらに忠実に履行し、先導国として飛躍するために前進を続ける」とし、国民も血と汗で成し遂げた誇らしい成果だという自負心を持ってほしい」と述べた。