【ソウル聯合ニュース】韓国青瓦台(大統領府)の朴洙賢(パク・スヒョン)国民疎通首席秘書官は19日、聯合ニュースに対し、文在寅(ムン・ジェイン)大統領が東京五輪の開会式に出席する可能性について、「まだ決まったことはない」としながらも、「容易な道よりはより良い道に進もうと努力している」と述べた。

 また、「訪日に否定的な国民の世論も良く知っている」として、「世論に従うことは容易な選択だが、大統領としては寂しい道に進むことも考えなければならない」と述べた。日本との交渉が終わるまで、文大統領の訪日の可能性を開いているとの意味とみられる。

 朴氏は「文大統領は品のある外交を考え、今回の事案に臨んできた。日本も良く知っているはずだ」とし、日本側の前向きな態度を促した。

 読売新聞は同日、文大統領と菅義偉首相が東京五輪の開会式が開かれる23日、東京・元赤坂の迎賓館で首脳会談を行うと報じた。

 青瓦台は「実質的な成果が約束されるなら訪日は可能で、結論は決まっていない」との立場で、19日中にも最終決定を出す方針だ。